アーユルヴェーダ オイル

アーユルヴェーダは5000年の歴史を持つインド・スリランカの伝統医学です。

治療のみでなく予防医学としても多くの叡智と知恵をもたらしています♡

自然治癒力を高め体と心を健康に過ごしましょう!という教えは世界中からの注目を集めています。

そして、アーユルヴェーダの治療の中心にはオイルが重要で毎日オイルを体に擦り込むことでもっと健康になるとされています。

アーユルヴェーダのオイルはハーブオイルで、伝統的なレシピに従って職人さんが作ります!

ベースになるオイルにハーブの煎じ液や、ペースト、オイルによっては牛乳や蜜蝋などを何時間も何時間も丁寧に煮込んで手間暇をかけて作られています。職人さんは付きっきりの作業となるそうです。

ベースオイルや使うハーブ、煮込む時間などにより何通りものオイルの種類があり、それぞれで効能がちがいます(^^)/

最近では温暖化や雨の多さなどなどから良いハーブ🍂が育たなかったり、オイルを作る職人さんが少なくなってしまったりと質の良いオイルを手に入れることが難しくなってきたと先生が言っていました( ノД`)

P1070186

AYUR-SUKHAYU 富澤

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中