アーユルヴェーダとは

<アーユルヴェーダとは…>
アーユルヴェーダとは、約5000年前にインド・スリランカで発生した世界最古の
東洋医学、伝統医学です。
古代サンスクリット語で、アーユル=生命・ヴェーダ=科学と訳されます。
その考え方は、心と体と魂のバランスが保たれている時、人は健康だと考えます。人々の病気や不調の部分だけでなく、どうして不調が表れたのか個人個人のライフスタイルや生活までも見ていき、病気になる前に予防する予防医学です。人がいかに健康を守り有益な人生を送れるかという、生きていく為の知恵とも言います。
  
<3つのドーシャ(体質)で決まる個性&体質>

宇宙論をベースとして、人も小宇宙として、火、水、地、風、空の5元素からなっており
生まれた瞬間からベースのエネルギーを持っていると考えます。
5元素をベースとした3つの体質が、風、空を象徴するVATA(ヴァータ)、火を象徴するPITTA(ピッタ)、水、地を象徴するKAPHA(カパ)です。単独で存在する体質の方は少なく、大体の方がそれぞれのドーシャが複合して存在しています。それぞれの体質を認識する事で、体質に合ったマッサージやオイルを選んでいきます。そして、自分の体質を知る事によりさらに、自分に合った生活スタイルや食事方で心身のバランスがコントロール出来るようになるのです。ドーシャのバランスがとれていると、活力、免疫力(オージャス)が出、健康といえます。バランスが崩れると毒素(アーマ)がたまり、健康を害することになります。体内にアーマが溜まっている状態でいくらサプリや栄養を取り入れてもうまく吸収出来ません。アーマを体から抜く事で、元々持っている自然治癒力を発揮できるのです。これを体内浄化といいアーユルヴェーダの目的なのです。Ayuru Sukhayuが自信を持っている薬草オイルが体内に浸透しアーマを溶かし、尿や汗での排出を促します。人との調和、自然との調和、そして自分自身との調和を保つ事でより良く生きるバランスを保つ事がアーユルヴェーダの考え方です。

現在ヨガと同様に世界的に注目を浴びつつあるアーユルヴェーダ。そして5000年も前からインド・スリランカで生活をする人々のそばに存在する知識であり医学であるアーユルヴェーダはWHOにも認められ、正式に推奨されています。是非、アーユル・スカーユで古代の叡智を実感してみて下さい。

広告